最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
始める際の注意
お待たせしました

カフェを開業し独立するということは、自らの手でビジネスを始めるということです。
ビジネスを開始するからには商業的に価値のあるものを工夫して作り出さなければいけません。
また、こだわりを実現させるために採算を度外視しても、余計な負債が増えるだけであるといえます。
立地にも気を付けなければなりません。
基本的に不動産は不動産の代理店が管理しているものです。
代理店は大手から零細まで規模が様々なものなので、気を付けて選んでいく必要があります。
たとえ大手でも信用に足らないものであれば利用する必要はありません。
もし明確なビジョンがあれば、店を独立させる際の立地は大変重要なものだと考えるべきです。
また、無事開業するに至っても、店を長く続け規模を拡大していくためにはある程度の戦略を打つ必要があります。
カフェなどは多く点在しているので、宣伝が巧みな店舗が集客力のある店舗であるといえるでしょう。
必要な場合には専用のスタッフを雇用することも必要になるでしょう。

低資金で開業

街中に家族で経営しているようなカフェを見かけます。
広告などを大々的に出しているわけでもないですし、呼び込みのために必死にのぼりが連なっているわけでもありません。
一見すると普通の民家のような雰囲気ですが、しっかりとしたカフェというものがあります。
どうやって客を呼んでいるのか、利益はしっかりと取れるのか。
そうした疑問点が思い浮かびますが、それでも利益がだせるメカニズムになっているので、あまり気にすることもないかもしれません。
普段の流れがどこまでそれを手にしているのかについては様々な考えがあるかもしれませんが、開業して独立するまでには、勉強しなければいけないこともあります。
もちろん食品衛生法にのっとって、資格を取得しなければいけませんし、そこでお酒も販売するのであれば酒類販売を許可する免許も必要です。
そうしたものを手に入れることができるというのが、開業して独立するには必要になります。
そして家の中もしっかりと変化をださなければいけません。
そうしたことをすべて整わないといけないので、ちょっとハードルが高いようにも感じるかもしれませんが、そんなことはないのです。
カフェの開業はとても難しいものではなく、独立も簡単です。
そして原価率も低いので、客単価が低くても利益が出せます。
従業員も家族ということにしておけば、ほとんどかかりませんので、家賃と光熱費を捻出できれば、趣味であればかないよい収入になるでしょう。

オススメリンク

おいしいパンケーキ

資金について

カフェに限ったことではありませんが、開業するということは資金がかかります。銀行から借り入れる場合もあるでしょう […]Read more

関連リンク